タッチ

野球漫画の王道・・・恋愛漫画の王道、とにかく有名なあのタッチを読んでみました。

タッチのあらすじ(Wikipediaより)

上杉達也、上杉和也は双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、要領はいいが何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は物心付く前から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。思春期を迎えて互いが互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま明青学園高等部へ進む。

「甲子園につれてって」という南の幼い頃からの夢を叶えるため、1年生にして野球部のエースとして活躍する和也とマネージャーとして働く南。しかし南が異性として意識していたのは達也だった。達也には努力を怠ってきた自覚があり、両思いながらも南の気持ちと向き合いきれない。家族同然に育った3人の関係もまだ維持していたい。和也は南へ異性としてのアプローチを開始し、達也にも恋の戦いから逃げないように促す。この戦いで先取点をねらうためにまずは南を甲子園につれていくと和也は2人に誓うが、地区予選決勝に向かう途中で交通事故死する。

達也はなりゆきで入部していたボクシング部で熱心に活動し、和也の亡き後こそ弟に恥じない人間になろうとする。しかし2年生ながら野球部の中心的人物である黒木らに強く勧められ、エースとして野球部へ入部することに。達也を和也に代わる才能の持ち主として勧誘する黒木には戸惑っていた南も、入部した達也は温かく迎える。達也は当初多くの野球部員には歓迎されず、和也の親友で正捕手でもある松平には強く反発される。だが達也なりの熱意が部員たちに認められ、しぶしぶバッテリーを組まされた松平とも徐々に信頼を深める。そして達也は、南の夢を叶えるという和也の夢を、自分が代わりに叶えることを強く意識するようになる。

達也たちは2年生になる。達也は勢南高校の西村勇や須見工業高校の新田明男と知り合い、ライバル意識を育む。彼らとは野球で同学年のライバルになるだけでなく、浅倉南に恋愛感情を抱く者同士としてのライバル関係も築いていく。それでも達也にとっての本当のライバルは一貫して和也のみである。西村は持ち球のカーブを駆使し、甲子園出場を期待されるピッチャー。一方、新田はサードで地区最強の打者、そして亡き和也と勝負するため野球に打ち込んできた男であった。彼がいる限り須見工の甲子園出場は間違いなしと周囲で騒がれている。2年生の甲子園の地方予選では、西村が所属する勢南高校と対戦して延長戦の末敗れる。

達也たちは3年生となる。新田の妹である由加が明青学園に入学し、野球部のマネージャーに加わる。その頃、野球部の監督が病気で入院して、明青学園の校長は同校OBの柏葉英一郎に監督代行を任せようとする。だが現れたのは海外出張中の兄と入れ替わった柏葉英二郎だった。柏葉は野球部への恨みを隠しながら監督代行としての強権を振るう。南は野球部マネージャーを辞めさせられ、掛け持ちしていた新体操部の選手に専念。野球部員は激しいシゴキで選手生命を断たれる寸前に。新入部員はほとんどが部を辞めてしまう。しかし、レギュラーは1人も去ること無く、夏の甲子園の地方予選を迎える。達也は和也に代わって新田に勝ち、南を甲子園に連れていく強い意志を持っていて、柏葉の過酷な指導に屈することはなかった。

達也と南にとって高校生活最後の夏、地方大会初戦で柏葉は、1年生の佐々木を先発ピッチャーに起用して明青学園を敗退させようとする。しかしチームの結束力は固く、失点を打撃でカバーし初戦を突破。柏葉のシゴキに耐えて力をつけた明青学園は大会を勝ち進んでいく。また柏葉は、高校時代に甲子園へ行く夢を兄の代わりに叶えようとし、兄に疎まれて野球部から追放された過去と向き合っていく。

そして、いよいよ甲子園出場をかけて決勝戦に挑む明青学園。対戦相手は新田の所属する須見工である。接戦が続く中、達也は弟・和也の代わりを務めようとするあまり本調子が出ない。柏葉はかつて兄弟に可能性を奪われた人間として達也の姿勢をなじる。だが達也はその言葉で悩みを吹っ切り、達也としてのプレイに立ち戻る。柏葉も監督として的確な指示を出し始める。試合は延長に入り、明青は10回表に1点勝ち越し裏の守りにつく。そして、2アウト2塁でバッターは強打者の新田。新田はその前の打席でホームランを打っており、観客も須見工の監督もこの場面では新田を敬遠するだろう、と思っていた。しかし明青ナインは、達也の力を最大限に引き出してくれるのは新田しかいないと考え、敬遠せず勝負する。新田はファウルで粘る。その力は互角、見ている人すべてが息をこらして勝負の行方を見つめる。達也は最後の力を使い果たして投球しようとする。瞬間、達也は自分の投球に和也が力を貸したことを感じる。その結果、新田は三振。達也は甲子園への出場を決定する。

和也の夢を叶え、2年間打ち込んだ目標を達成した達也は進むべき道を見失いかける。だが甲子園開会式当日、達也は河原で浅倉南に愛している、と自分の気持ちを伝え、スタート地点を確認。エピローグにて、登場人物たちの進路と、達也を擁する明青が甲子園で優勝し、南もインターハイ新体操で個人総合優勝したことが示され、物語は幕を閉じる。

Wikipedia:タッチ

という感じです。

もう、このあらすじに、ほぼ全ての内容を書いている感じです。

Wikipediaを読んだらタッチの8割ぐらいの内容が理解できると思います。

ツル

Wikipediaであらすじ書いた人、すげぇー・・・書きたいと思ってた全てが書かれてる・・・(笑)

簡単にタッチを説明すると

中々長い文書なので、ツル風に簡単に説明すると、

いい加減な兄(上杉達也)と、めっちゃ優秀な弟(上杉和也)、それにお隣に住む優秀で美人な同級生(浅倉南)の3人の物語。

兄と弟は、浅倉南の事が大好きです。

そんな浅倉南の夢である「甲子園に連れていく」という夢のために1年生でエースの弟は、地区大会の決勝に向かう途中で交通事故にあい死んでしまいます。

もう序盤の序盤コミックス3巻辺りで死んじゃいます。

ボクシング部に入部していた兄は、弟の亡き後を継いで、野球部のエースとして甲子園を目指すようになります。

あだち充の漫画って、よく人が死ぬなと思いながら、気持ちがそわそわします。

その儚さが良いのかもしれませんが・・・

ちなみに上杉和也の命日は「1984年7月29日」です。

まぁ、そんなこんなで、兄(達也)は死に物狂いで、嫌味な監督や、男前の他校のエースなどやっつけて、甲子園に出場し優勝します。

その間に、美人な後輩マネージャーにストーキングされたり、アイドルに告白されたり・・・嫌味な監督が目の手術したり、実はその監督いい奴だったりと色々あります。

そのあたり気になる方は、タッチを買って読んでみて下さい。

まぁ、こんな感じのお話です。

タッチの面白さ

ずばり、青春!!!

あだち充さんの漫画はどれも青春真っ盛りって感じで良いですよね。

部活に打ち込む感じも良いし、恋愛模様もステキな漫画です。

弟が死ぬシーンは鳥肌ものですが、その儚い感じ。

死んだ弟に遠慮する兄の葛藤・・・その辺を感じながら読むと面白いと思います。


タッチのまとめ

あだち充作品は、

「H2」→「ラフ」→「クロスゲーム」→「ショートプログラム」→「タッチ」

という順番で読んで、

結構古い漫画だから、感情移入しにくいかもと思いながら読んだのですが、

若干の古さを感じながらも、その古さも当時の時代的なものを感じながら楽しめました。

日本漫画の名作に入る部類の漫画なので読んだことがない人は、一度読んでみてほしい漫画だと思います。

タッチの評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
絵の美しさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

ツル

今から約40年ほど前に連載されてた漫画で、ギャグなどに古さを感じますが、物語自体は今読んでも非常に面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA