ヒジキ漁の始め方(山あり谷あり編)

過去最低価格!!

今年はヒジキ漁を始めて6年目にして、一番買い取り額が低かったです。

とにかく低くて泣きそうでした・・・

1年目は「650円」

2年目「810円」

3年目は「950円」

4年目「1150円」

5年目「1150円」

そして・・・

6年目「500円」!!!

安い!安すぎる!いくらコロナ騒動があったとはいえ・・・

安すぎませんか?

はっきり言って・・・買い叩かれたのだと思います・・・

業者による生産者いじめです・・・

そんな気がしてないラナイ・・・

そりゃ・・・4年目5年目の価格には多少バブル感はあったけどさー

ヒジキは今年採った品物を今年使うわけではありません。

干しあげて、来年加工して食卓に並びます。

そして基本的に干しあがったヒジキは腐る事はありません。

ヒジキ自体、コロナのせいで消費が減るとはとても思えないのに・・・怒

そんなこんなで、凄い安値で買われ、今年はヒジキ不況です。

ヒジキで儲かったお金で、バイク買ったり、ねえちゃんと遊んだり、

旅行したり、ラジバンダリ・・・

っと色々妄想していたのに・・・

全くダメでした。切ない!!!

コロナめ!中国め!絶対に許さない!!!

という訳で、ひじき漁の説明をしたいと思います。

ヒジキ漁の説明

大分県にとある港の漁のやり方は、

ヒジキ漁に行く船は、船外機!

ヒジキ漁

こんな可愛らしい小舟で、漁に繰り出します!!

※実際は船外機はもっと大きくて、かわいい女性も付いていません。

ヒジキ漁に必要な持ち物!!!

ヒジキ漁

ヒジキを刈る鎌!

これ無しでは仕事になりません。

そして、この鎌にはこだわりがあります!

やはり基本、海の中で使うので素材はステンレスが良いです!!!

そして種類は、鋸鎌がいいです。

鋸鎌とは・・・のこぎりのようなギザギザがついている鎌の事です。

太い草などを刈る時重宝するようです。

安いステンレス鋸鎌だと、すぐに錆びるので、1000円ほどするステンレス鋸鎌をいつも愛用しています。

商売道具なので、商品名は内緒です。

※どうしても知りたかったら、コメントしてください。こっそり教えますよ(笑)

ヒジキ漁って簡単に言えば、海の草刈りと思えば幸いです。

ただ、草刈りの50~100倍キツイデス。(個人差あり)

舐めてかかると泣きます。(まじで!)

・・・

話が脱線しましたが、お次は…

刈ったヒジキを入れるタライ

ヒジキ漁

海の上にこいつを浮かばせたり、時には干上がってしまった砂浜の上や、石の上にこいつを置いて、紐で引っ張りながら、ヒジキを刈っては入れ、刈っては入れを繰り返し。

一杯になったら、船外機まで運び、刈り取ったヒジキを船外機に積みます。

そんな感じで酷使するので、底が良く割れ浸水し悲惨な事に良くないマス汗

こいつも大きければ大きいほど使い勝手が良く、ヒジキを採る漁師からは人気が高いです。

こいつが近くのスーパーで売り切れているときはヒジキ漁師が買った後かも知れません・・・

続きましては・・・

ウェットスーツ

ヒジキ漁

ボードはいりません。

ウェットスーツはいります。

こんな女性が着たウェットスーツを×××したいなぁ・・・(笑)

胴長でやる方もいますが、オレはウェットスーツを着ます。

胴長だと、転んだ時が怖いし、波が高いとすぐに、潮かぶるし、

ヒジキ漁を始めるのなら、ウェットスーツがおすすめです。

間違いないです。

できればセパレート型で。

セパレートじゃないと、おしっこの時に物凄い困るので・・・汗

※ウェットスーツの中で、おしっこをしたい方は、セパレート型じゃなくても良いかも。

厚さはお好みですが、薄い方が動きやすく、厚い方は寒く無いです。

オレは時と場合に合わせて、3mmと5mmを持っています。

軍手

ヒジキ漁

軍手がないと、カキなどで血まみれになります汗

1に使ったらボロボロになるので、大量に仕入れておいた方が良いです。

値段は安い奴で構いません。

安全靴

ヒジキ漁

海の中には、ウニや尖がった石などいろいろあるので、安全靴を履いた方が良いです。

昔、マリンシューズででて泣いたことがあります。

ウニに数か所刺され、本当に痛かったです。

つま先に合板が入った靴が良いです。

安全靴なら、底が厚く硬いのでウニを踏んでもへっちゃらです。

後は、飲み物と食べ物と帽子があれば、ヒジキ漁にいつでもデレマス!!

ちなみに・・・採ったヒジキは、

港の戻り、丘にあげ、完璧に乾きあがるまで地べたで干します。

その時にゴミやヒジキじゃない海藻などを丁寧に取り上げます。

そして乾きあがれば完成です。

うちの港では、約1か月半(3月中旬~4月末)ほど、ヒジキ漁が続きます。

※1か月半ほどで、父と2人合わせて(乾燥2トン)ほどのヒジキを採ります。

地域によって期間・時期はバラバラです。

ヒジキ漁を始めたい方は、まずは漁業権を手に入れてから、各漁協に相談してから始めましょう。

ではでは、手軽に始めるヒジキ漁講座でした。

・・・

・・・

・・・

何かよく分からない感じになったけどまぁいいかなぁ・・・

ご愛読ありがとうございました。

また何かありましたら、更新したりします。

それでは復帰後第一弾でした。

ツル

今年は価格もさることながら、ヒジキ自体あんまり採れませんでした・・・来年また頑張ります!父親生きていれば・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA