アンコール・トム

アンコール・トム

2日目の昼にアンコール・トムを見に行ってきました。

アンコール・トム は、アンコール遺跡の1つでアンコール・ワット寺院の北に位置する都市の遺跡です。

トムは、クメール語で「大きい」という意味のようです。

12世紀の後半、ジャヤーヴァルマン7世によりアンコール・トムが建設されたようです。

中央には世界の中心である山岳メール山を象徴するバイヨン寺院がありました。

バイヨン寺院には凄く興奮しました。

人面像は観世菩薩像を模しているといわれ、クメールの微笑みと呼ばれているようです。

人面像の顔は想像のものより大きくそして、とても美しかったです。

個人的にはアンコールワットより感動しました。

バイヨン寺院はヒンドゥー・仏教混交している寺院のようです。

現地のガイドさんが言うには「顔がある寺院は仏教、ない寺院はヒンドゥー」っと言ってました。

アンコール・トム

アンコール・トムの城壁にある象のテラス

アンコール・トム

ライ王のテラス

アンコール・トム

ハンセン病を患ったアンコールの王ヤショヴァルマン1世のレプリカ像

ハンセン病=らい病でライ王のテラスと呼ばれているようです。

アンコールトム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA