漂流教室

漂流教室|楳図かずお

小学館の「少年サンデー」にてにて1972年から1974年まで連載されてた漫画。

大人になって、久しぶり読んでみたら凄い面白かったので記事にして紹介したいと思います。

まずは、

漂流教室のあらすじ(Wikipedia)

ネタバレ感があるので、気にする方は最後の方はスルーしたほうが良いかもしれません。

高松翔は、大和小学校の6年生。ある日、翔は母親とケンカをしたまま学校に行き、授業中に激しい地震に襲われる。

揺れはすぐに収まったが、学校の外は岩と砂漠だけの荒れ果てた大地に変貌していた。

突然の出来事に皆パニックに陥り、教師たちは全員亡くなってしまう。

やがて荒廃した世界の正体が、文明の崩壊によって滅んだ未来の世界だと知った子供達は互いに協力し、大和小学校を拠点とした「国」を築くことを決意する。

大和小学校国の総理大臣として児童の代表となった翔は、児童たちみんなが家族であるという意識の下、規律正しい生活のもとで困難を乗り越えていけるよう精一杯の努力を重ねようとする。

しかし、飢餓や未知の事象に対する恐怖心からくる狂気や内部対立、伝染病の蔓延、唯一生き残った大人である関谷の暴虐、荒廃した未来に棲息する未来人類の襲撃などの脅威により、児童たちの数は日を追う毎にじわじわと減っていく。

更に、学校をタイムスリップさせる原因となった手製のダイナマイトによる爆発事件の犯人が翔であったというデマが流れ、翔は次第に孤立してしまう。

常識を超越した出来事が次々と振り掛かる中、翔と過去の世界を繋ぎ止め、翔にとっての唯一の心の支えとなっていたのは、5年生の少女・西あゆみのもつ不思議な力で時空を超えて母とコンタクトを取れるという、不思議な現象だけだった。

周囲が子供達の帰還を諦める中、息子の帰還を信じる翔の母は、西の不思議な力によって未来にいる翔と仲間達に必死の思いで援助の手を差し伸べ続けていた。


その後、自らの意思で学校を出て行った後、息も絶え絶えの状態で戻ってきた女番長の口から「天国」の存在を知らされた翔たちは、学校一帯を覆わんとする高濃度の光化学スモッグの雲から逃れるため、富士山にあるという「天国」の存在に一縷の望みを託し、生き残った児童たちを連れて「天国」を目指して荒野を行進する。

迫りくる化学スモッグや広大な地割れを乗り越え、翔たちがたどり着いた「天国」。

そこは未来の科学力で築かれたレジャーランドの残骸の残る場所であった。

暴走したロボット達の襲撃から逃れた翔たちは、その奥に鎮座するコンピューターから、自分たちが元の世界に戻るための重要な糸口が大和小学校そのものにあることを知る。


しかし、飢餓による苦しみと、翔の存在を疎み対立する同級生の大友らのグループとの抗争の激しさはついに頂点に達し、狂気に駆られた子供達は無残な殺し合いを始めてしまう。

理性でこの事態を耐え切った翔は自分が爆発事件の犯人だと告白する振りをしてみんなをおびき寄せつつ学校に戻り、今こそ元の世界に帰ることができる最後のチャンスだと説得する。

しかし、大友たちは聞く耳を持たず翔を殺そうと一斉に攻め寄った。


今まさに翔が殺されようとした時、大友はとっさにみんなから翔を庇い、事の真相を激白した。

大和小学校を未来に飛ばすことになった大地震は、優等生であることを求め続けられる苦悩から逃れんがために、校舎を吹き飛ばそうとして彼が仕掛けた手製のダイナマイトが原因だったこと。

罪悪感のあまり、翔に全ての責任を押し付けていたこと。

全ての真相が明らかになった今、翔は大友と固く手を握り合って和解し、再び友情を取り戻す。


「強大なエネルギーの発生によって次元の裂け目を生み出すこと」。

それが、「天国」のコンピューターが語った、過去の世界に帰る唯一の手段であった。

大友の残したダイナマイトの最後の1本に望みを託し、翔たちはエネルギーの発生源を生み出すべくダイナマイトを爆発させるが、思惑は外れる。

爆発の影響で火山活動が活発になってきたことを利用して再び挑戦するも、失敗に終わってしまうのだった。


落胆の中、翔たちが見たものは荒れ果てた世界に垣間見えた、命の再生の片鱗であった。

その様を見た翔は、「荒廃した世界の復興こそ自分たちが未来世界に来た意味だった」と結論付け、ここに留まることこそが自分たちの選ぶべき道なのだとみんなに力強く語る。

そして、過去の世界から母親の手で送られてきた援助物資により、過去と未来の世界に繋がりが生まれたことに希望を見出した翔たちは、過去への帰還を諦める代わりに、爆発に巻き込まれ一緒に未来に来てしまった幼稚園児のユウちゃんをなんとか過去の世界に送り届けようとする。

幼いながらも、悲惨な未来の姿をその目で見続けてきたユウちゃんは、未来の地球を絶対に荒廃させないよう努力することを翔たちに誓い、みんなに見守られながら過去の世界へと帰っていった。


翔が未来に来てから書き綴ってきた日記はユウちゃんの手から翔の母親へと手渡され、それによって未来と過去を繋ぐ架け橋が生み出された。

未来の世界で息子が元気に生きていることを知った翔の母は、天を見上げて未来の世界への希望に想いを馳せるのだった。

引用元:Wikipedia

という感じです。

というか・・・これはあらすじじゃなくて内容が全て書かれている気がする汗

とにかく簡単に説明をすると、

ある日突然「大和小学校」という主人公の通う学校が激しい地震に襲われて、「岩と砂漠の荒れ果てた大地となった未来」にタイムスリップしてしまう。

教師たちは頭がおかしくなり、ほとんど死んでしまいます。

子供たちは、協力しあって生き抜こうとするが・・・

飢餓やペスト、対立、狂気、給食の運搬人「関谷」による暴虐、未来人の襲撃などで、どんどん人数は減っていきます。

とくに小学生同士の対立はどんどんエスカレートしていきます。

とにかく狂気に満ちた物語です。

こんな感じの物語です。

漂流教室の面白さ

小学校全体が荒れ地の未来にタイムスリップして、

どんどん狂気に満ちていく感じが、たまりません。

次が気になって、眠れなくなります。

一難去ってまた一難という感じです。

次から次へと災難に見舞われます。

映画化とドラマ化された漫画

1987年に「大林宣彦」監督で映画化されているようです。

1995年には日米合作でも映画化されたようですが、こちらは劇場公演なしのオリジナルビデオ販売のみだったようです。

機会があったら見てみようと思います。

ドラマ「ロング・ラブレター〜漂流教室〜」

ドラマ版は2002年にフジテレビ系列で放送があったようです。

当時高校生だったオレは毎週楽しみに見てました。

出演者が結構豪華だったような気がします。

漫画を読むのが面倒な方はドラマ版をお勧めします。

未来人の異様な形

漂流教室

これ未来人です。

衝撃的すぎます。

もはや人間的要素は皆無です。

楳図かずお的未来人です。

こんな未来人とも戦わないといけません。

本当に過酷な場所です。

漂流教室のまとめ

  • 小学校全体が未来の荒れ果てた大地にタイムスリップする
  • 飢餓や伝染病などで、どんどん狂気に満ちた世界観になる
  • 未来人の姿がやばい!

っといった感じの漫画でした。

読み始めたら、次の展開が気になって仕方がないという感じの漫画でした。

本当に面白いので興味のある方は読んでみて下さい。

漂流教室の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(5.0)
絵の美しさ
(3.5)
総合評価
(4.0)

ツル

2007年に発行された漂流教室・UMEZZ PERFECTION!版は、カットされた場所などが収録されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA