MDMAって?

MDMAについて調べてみた

2019年11月に沢尻エリカさんがMDMAで逮捕されたことで話題?のMDMAについて調べてみました。

まずは早速WikipediaでMDMAを検索!

WikipediaでのMDMA

3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン (英: 3,4-methylenedioxymethamphetamine)、あるいはMDMAは、アンフェタミンと類似した化学構造を持つ化合物である。

愛の薬などと呼ばれ共感作用がある。

幻覚剤に分類される。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対し、MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行している。

2017年にはアメリカで画期的治療法に指定され、FDAは承認審査を迅速化する。

俗にエクスタシーあるいはモリーと呼ばれている。

エクスタシーなどとして街角で売られる薬物は、様々な純度であり、時にはMDMAは全く含まれない。

何がどれ位含まれているか不明であり、過剰摂取の危険性が高い。

一部では休みなく踊ることが原因で高熱や脱水から死亡し、逆に、それに対処しようと水を摂り過ぎて低ナトリウム血症で死亡している。

心理学者のラルフ・メツナーが、MDMAに対してエンパーソゲン(英語版)(共感をもたらす)という言葉を作った。同種の作用のある薬物として、MDA(3,4-メチレンジオキシアンフェタミン)、MDEA(3,4-メチレンジオキシ-N-エチルアンフェタミン)なども知られ、エンタクトゲン(英語版)(内面に触れる)と呼ばれる。

引用元:Wikipedia

ふむふむ・・・MDMAはメチレンジオキシメタンフェタミン という化合物という・・・

昔の洋画で良くでていたエクスタシーというやつの様です。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の心理療法として使用されることもあるんですね。

うん・・・でもよく分らん汗

海外ドラマのブレイキング・バッドの禿げたおっさんが作っていた薬の事かと思ったら・・・

あれはまた違う薬の事みたいです。

あれはアイスとかいうまた違う薬物の様です。(アイスは割愛)

MDMA

MDMAの作用(Wikipedia)

作用

MDMAは脳内のセロトニン等を過剰に放出させることにより、人間の精神に多幸感、他者との共感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4~6時間程度持続するとされる。

典型的な幻覚剤とは異なる心理的作用を有する。

MDMAは認知と社会的相互作用に影響を与え、開放性や感情への反応性を増加させ、他者への親近感を生じさせる。使用者はおしゃべりで友好的な感じになったことを報告するが、一方、制御できないという不安を経験することもある。

MDMAはオキシトシンの放出を増加させる。並行して、神経生物学的領域における研究、神経ペプチドのオキシトシンとバソプレッシンによる人間のつながりと触れ合いの影響についてのものが進行している。オキシトシンは哺乳類における、つがいの形成や社会的所属と関連している。

引用元:Wikipedia

ふむふむ・・・多幸感を感じ、他者との共感などの変化をもたらす・・・

多幸感ってよく聞くけど・・・意味が全く分からないのでついでに多幸感も検索!

多幸感(たこうかん、英語: Euphoria)とは、非常に強い幸福感や超越的満足感のことである。脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる[要出典]。

愛情による至福感や、競技で勝利したときの陶酔感、オーガズムは、多幸感の例である。 また、多幸感は宗教的儀式や瞑想によっても生じうる。 特定の薬物の副作用として生じる場合もあり、また、精神や神経の疾患によって生じる場合もある。

高齢者が自然と感じるようになる幸福感も多幸感の一種とされる(老年的超越)。

娯楽的な薬物使用(英語版)とは、活力や、多幸感 (Euphoria) や喜びを生じさせるという目的での薬物の使用を描写する、医学的でない用語である。すべての薬物が薬物依存症を引き起こすわけではなく、薬物が引き起こす喜びは、急性の作用(ラッシュ)と、続く多幸感から成り立ち、依存へとつながる精神的な動因がもたらされる。多くは乱用薬物として規制されている。

引用元:Wikipedia

なるほど・・・あれだな

レジの会計でお釣りをもらった時にギザ十(側面がギザギザの10円玉)が入ってた時の何とも言えない幸福感の事だな☺

あれって最高の気分になりますよね!その日一日が最高の気分に(笑)

MDMA

その幸福感をMDMAを飲めば感じるのかぁ・・・そりゃあ手を出してしまうわけだ・・・汗

でもMDMAには絶対恐ろしい副作用がある

一番初めに引用したWikipediaにも書いてあるように、「休みなく踊ることが原因で高熱や脱水から死亡し、逆に、それに対処しようと水を摂り過ぎて低ナトリウム血症で死亡している。」と死亡するケースもあるみたいです。

何より踊り狂って死ぬっていうのが怖いヨ・・・

ホラー映画でよくある呪いじゃん・・・

MDMA

結果・・・MDMAは踊り狂って死ぬ呪いの薬物でした!

絶対に手を出してはいけないやつでした。

沢尻エリカさん、ちゃんと更生できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA