潜水士を合格する為に役立った3つの事

潜水士に合格したときに参考になった3つの事を紹介します

私は潜水士の知識は0で、潜水道具すら見た事が無い状態で試験に臨みました。その時まず、道具の事を知らないといけないと思い参考にした本が2つあります。1つ目が・・・

7日間マスター 潜水士試験 合格テキスト+模擬テスト (国家・資格シリーズ 400)

この本で、潜水士の道具の仕組みや説明、基礎を勉強しました。

値段は2,200円です。

過去問も付いており、勉強しやすかったです。

1日2時間ほどの勉強で10日間ほどで全ページやりつくしました。


続いて参考にしたのが、

潜水士試験徹底研究(改訂3版)

おそらく一番ポピュラーな潜水士の参考書ではないでしょうか。

値段は2,750円っと若干お高めです。

先の参考書をやってから挑んだのですが・・・まぁ全然分からず、やはり色んな参考書をやっておいた方が良いと痛感しました。

先の参考書に比べ、この本はより深く潜水士の事が勉強できます。

各ページ、各項目ごとに問題がついています。

1日2時間ほどの勉強で15日間ほどで全ページやりつくしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

潜水士試験 徹底研究 改訂3版 [ 不動弘幸 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2019/12/5時点)


この2つの本をやりつくし、最後に

公益財団法人 安全衛生技術試験協会の過去問

公式サイトに過去問が掲載されているので、ここで過去問を解き復習をしました。

↓潜水士過去問へのリンク先

参考 潜水士過去問安全衛生技術試験協会

そして、勉強期間約1か月・・・無事に「合格」することができました。

大人になっての勉強は集中力との勝負ですね。

潜水士を受ける方の参考になったら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA